鹿田産業

店舗・住宅用オーダーすだれはこちら

Facebookページ日刊すだれニュース | Yahoo!ShoppingページYahoo!shopping

八女すだれ万葉は、日本の伝統文化であるすだれを、万人・万世に渡って伝えたいという願いで名付けました。
弊社が生産するすだれは、福岡県知事指定特産民工芸品である八女すだれ仕様と、それ以外の仕様であるその他すだれに分けられます。伝統技術によって生産された室内用間仕切り用途の八女すだれは、住環境の多様化や商空間へも対応するため、オーダーカスタマイズを可能とした受注生産品です。
竹すだれ生地の仕様、縁柄(へりがら)や金具等を自由に組み合わせ可能とし、様々な空間で上質な装飾が可能です。

八女すだれとは

「八女すだれ」は、31品目に指定された福岡県知事指定特産民工芸品です。
八女すだれは、現存する3軒の製簾所で発足された「八女すだれ振興会」が規定した仕様の製品を指します。福岡県は、通産省指定の伝統工芸品が7つあります。そのうち県南の八女・筑後地方で3つ生産しています。県知事指定の工芸品は、30品目あり、そのうち21品目が県南地域で占められ、八女は伝統工芸が集積された地域です。

仕様

  1. 1 八女地域の竹材料を使用していること
  2. 2 八女地域で生産されていること
  3. 3 足踏み織機で生産されていること
  4. 4 経糸を捻って編むねじり編みという技法で生産されていること
  5. 5 竹の節が手作業で揃えられており、伝統的な節揃えの技法で生産されていること
  6. 6 すだれの縁が手作業で縫い付けてあること

株式会社鹿田産業は、大正元年より上記の技法で生産し続けており、八女すだれを通じて、平安時代からつづく日本の室礼を伝え続けています。八女すだれは、以下の場所でご覧になれます。
広川町役場、広川町産業展示会館、八女伝統工芸館、福岡県庁県庁11階「よかもん広場」、アクロス福岡「匠ギャラリー」で 展示されております。また八女すだれ振興会が季節限定で展示するキャンペーン「八女すだれのある風景」では、八女の白壁街並み保存地区の店舗で装飾しております。詳しくは、弊社ホームページで随時ご案内いたします。

大正元年から継承される伝統工芸品

日本は豊潤な自然に祝福された国です。日本人は野の草花や虫をも季節のたよりとして愛でてきました。住まいを自然と隔てるのではなく自然に向けて開放し、 自然の中で暮らすことを楽しんできました。日本人の遺伝子には豊かな自然とともに生きる知恵が刻み続けられているのです。
私たちは、八女の豊富な 竹を使って職人たちが作り上げていく伝統工芸を、大正元年から継承してきました。伝統技術を現代の住まいに生かす日本人の知恵を信じて、ライフスタイルが 変化した今も作り続けています。創業から変わらぬ技法によって手作業で仕上げられた八女すだれは、節揃えや竹ヒゴの向きなどを変えながら丁寧に作られています。

八女すだれの製作風景

八女すだれの製作風景をご紹介しております。

八女すだれ制作例

  • 八女すだれ -八媛-
  • 八女すだれ -平安-
  • 八女すだれ -王朝-
  • 八女すだれ -大藤-
  • 八女すだれ -菊花-
  • 八女すだれ -京安-
  • 八女すだれ -御翠簾-
  • ※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
  • ※ こちらは完成品イメージです。

万葉コンセプト

結界を現す御簾、平安時代から伝わる室礼のすだれ
四季の自然を取り入れ愛でてきた日本の室礼は、次代の生活スタイルも仕立てます。

「八女すだれ万葉」にラインナップされるお座敷すだれという室内用すだれは、奈良・平安時代の御簾(みす)という室礼の調度品が原型です。貴族住居が寝殿造りだった頃、大広間をすだれや几帳で仕切り、ハレの日の来客時には季節の調度品でしつらえ、もてなしていました。年間行事を24節気ごとに楽しむ日本の文化です。
季節ごと自然のものをインテリアに取り入れる室礼は、海外のお客様にとっても興味ある伝統文化です。すだれで仕切るインテリアは日本らしいデザインとして、ホテルや旅館、飲食店で特に人気があります。鹿田産業は、千年以上の歴史を誇る日本の室礼調度品である”簾”を今後も継承し、日本人のおもてなしの心を国産材料で作った「八女すだれ」で伝えたい、と考えております。

特長

  1. 1 八女すだれは、九州福岡・八女地方の竹材を使用し、八女で作られた国産材料の希少な室内すだれです。
  2. 2 福岡県知事指定特産工芸品「八女すだれ」として規定された生産方法で作られた製品を取り揃えています。
  3. 3 全品オーダーメイドでの受注生産品です。寸法、すだれ生地、縁布、房、金具など自由に選択でき、雅な和空間から
      モダンな洋空間まで様々なデザインに対応できる業界初のフルオーダーすだれです。
  4. 4 「万葉ローマンシェード」は、伝統工芸品×昇降メカ技術で日本初の製品です。すだれを昇降式にできるオプション
      を設定したことで間仕切り、窓廻りなど現代のインテリア空間に使いやすくなりました。
  5. 5 創業104年の伝統技術あるすだれ工場で、修理を承ります。先祖から伝わる簾を丁寧に修理する工程や基本料金を
      表示し、どなたでも安心できる価格設定です。

万葉アイテムカスタマイズ例

※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

万葉ローマンシェード、新発売

お座敷すだれのオプションとして新発売となった、ローマンシェードスタイル。
チェーン操作で簡単にすだれの昇降ができ、任意の高さで止めることができる仕様へ加工できます。
取り付けは、ワンタッチで可能な天井付毛の専用ブラケットが付属します。対応サイズも幅広く、10mm単位でオーダーが可能です。

詳しくはこちら

お問合せ